「タイポ」って何のこと?

「タイポ」という言葉を聞いたことはありますか?
自分は聞いたことがあるようなないようなって感じだったのですが、最近上司が使っていて気になったので調べてみました。

今回は「タイポ」についてご紹介します。

タイポとは

「タイポ(Typo)」とは、タイプミスで使われる言葉です。

私がよく見かけるのは、会社のメールで「先ほどのメールタイポがございましたので再送いたします。」みたいな感じですね。

語源

と、意味だけを説明するとものすごい短い記事になってしまうので、語源もご紹介します。

タイポは英語の「Typographical error」の略です。
そしてこれは日本語では「誤植」という意味です。

もともとタイポというのは印刷業界で印刷物の誤植という意味で使われている言葉でした。
その後コンピュータが世間に普及するにつれ、タイピングミスという意味でも使われるようになったのです。

という感じで印刷物の誤植とタイプミスという2つの意味がありますが、印刷業界以外では一般的にタイプミスの方で使われています。
また、日本語ではキーボードの打ち間違い(タイピングミス)の他に、変換ミスでも使われています。

まとめ

ということでタイポとはタイピングミスのことでした。
これからタイプミスしてしまったときは「すみませんタイポしました」って言えばちょっと頭よkうきこ得るかも知れません。

コメント