いろんな種類の担々麺が楽しめるお店 「担担麺 胡」【ラーメン】

みなさん担々麺はお好きですか?
私はめっちゃ好きです。

暑い夏には汗をかきながら辛い担々麺を食べるのが最高ですし、寒い冬には担々麺に体の芯から温めてもらったからこそ今の私があると言っても過言ではないです。

今回は京都府京都市の円町駅の近くにある担々麺屋が有名なラーメン屋「担々麺 胡」をご紹介します。
(ちなみに私が行ったのは円町店だったのですが、本店は山科駅の近くにあるみたいです。)

お店の外観はこんな感じです。
どこから見ても「胡」ってわかるくらいに書いてあります。

ちなみに「えびす」ってローマ字にするとなんで「Y」がつくんでしょうか?昔から疑問です。


このお店の最大の売りは担々麺です。
しかもすごいのは種類がたくさんあるところです。
時期によっては増えたりしているかもしれませんが、基本メニューの担々麺は以下の7つです。

・担担麺
・特製肉入り担担麺
・黒ゴマ担担麺
・チーズ担担麺

・あんかけ担担麺
・マーラー担担麺
・汁なし担担麺


かなりチャレンジングなメニューが多いと思います。
というか種類めちゃくちゃ多いです。
夏には冷やし担々麺とかもあるみたいですよ。

写真を見たのですが、黒ゴマ担々麺はスープが真っ黒でした。
あんかけの担々麺というのも他ではあまり聞きませんよね。どこまでも熱そうでこれもおいしそう。

どの担々麺にしようか非常に迷ったのですが、やはりスタンダードな担々麺が食べてみたかったので、「担々麺」を注文しました。

出てきたのがこちら。

スープを飲んでみるとクリーミーな感じで辛さは控えめな気がしました。
このクリーミーな感じはクセになってずっと飲んでられます。
ちなみにスープは辛さの調整を注文の時にできるので、辛いのを注文したらしっかり辛そうです。

麺は普通の麺でしたが、このクリーミーなスープがしっかり絡んでおいしいかったです。
組み合わせとして最高でした。

写真だと見えないですが、ひき肉もしっかり入っていて the 担々麺って感じでした。

実はもう一つ「噂の麻婆飯」という小さなマーボー飯を注文していました。
ネーミングセンスが秀逸過ぎて注文してみたのですが、これまたおいしいです。

辛味もしっかりある中で、山椒の舌のしびれる感じがクセになります。
量もちょうどいいので、ラーメンと一緒に注文すると、同じ辛い系でも味が変わって面白いと思いました。


担々麺好き、辛いもの好きの方におすすめのラーメン屋さんでした。
私もまた訪問して、今度は変わり種の担々麺も食べてみたいです。

担担麺 胡 の公式HPはこちら

コメント