高性能保護フィルターは伊達じゃない!「EXUS Lens Protect Mark II」

みなさんはカメラのレンズに保護フィルターってつけていますか?
私はなんか画質を落としてしまうような気がして今まで使っていませんでした。

ただ今回新しいレンズを買ってフードなしで撮影することが多かったので、ちょっとぶつけちゃうのが怖いなと思って保護フィルターデビューしてみました。

と言っても写りが悪くなるのは嫌だったので、高性能な保護フィルター「EXUS Lens Protect Mark II(エグザス レンズプロテクト マーク2)」を買いました。
今回はこちらを紹介していきます。

EXUS Lens Protect Mark II とは

「EXUS Lens Protect Mark II」マルミ光機から発売されているレンズ保護フィルターです。
マルミ光機は様々なレンズフィルターを発売しており、この他にもすでに保護フィルターも数種類ラインナップがありました。
「EXUS Lens Protect Mark II」はその中でも高性能なフィルターになっています。

詳しくは仕様の項目でご紹介しますが、反射率0.2%という低反射率と、様々な効果のあるコーティングが売りとなっています。


ちなみにマルミ光機ではレンズ保護フィルターのフラグシップモデルとして「EXUS Lens Protect SOLID」というものも発売しています。
こちらは「EXUS Lens Protect Mark II」と同等の性能とプラスで高強度を売りとしています。

中・小口径レンズには「EXUS Lens Protect Mark II」、大口径レンズは「EXUS Lens Protect SOLID」という区分けになっているようです。
(ちなみにサイズの展開はなぜか両方とも同じです。)

仕様

主な仕様は以下の通りです。

  • 反射率0.2%
  • 帯電防止コーティング
  • 撥水コーティング
  • 防汚コーティング

まず注目すべきは反射率0.2%というところでしょう。
安い保護フィルターだと0.5%前後、高級な低反射を売りにしているものでも0.3%のものがほとんどです。
このことからもいかにすごい数字なのかがわかると思います。

ちなみに他のメーカーで0.2%以下の反射率の保護フィルターだと、Kenkoの「ZXII(ゼクロスツー)」の0.1%という物がありますが、こちらはさらに高級なので私は手が出ませんでした。


その他の各種コーティングですが、帯電防止コーティングはホコリなどがくっつきにくくするもの、撥水コーティングは水分が浮くようにするコーティング、防汚コーティングは名前のままで汚れが付きにくくするためのものです。
ここら辺の機能は他社でも高級な保護フィルターについている機能です。

使用感

実際に使ってみて思ったのは、このフィルターめちゃくちゃいいです。

まずは低反射率は伊達じゃないです。保護フィルターを付けているのは写りに影響する場面はほとんどありませんでした。

ただ夜の街灯に直でレンズを向けたりすると若干保護フィルターでのフレアが出ました。
これに関しては他のフィルターでも大なり小なり起きてしまうと思うので、シーンによっては保護フィルターを取る方がいいのかもしれません。

またコーティングがめちゃくちゃ便利でした。
撮影をしているとレンズにホコリなどが付くことも多いと思いますが、このフィルターを付けているとブロアーで軽く空気をかけてあげるだけでホコリが飛んでいきます。
水分に関しても簡単にふき取ることができました。
ここら辺はいっつも撮影の時に面倒に思っていたので、かなり快適になりました。

作りもしっかりしていて、さすが日本製だと感じました。

厚みに関しては薄型フィルターよりは厚いですが、一般的な厚みです。
黒いフレームに金色の文字がレンズに取り付けたときにもかっこいいと思いました。

ケースが地味にうれしい

またこのようなフィルター用のケースが付いてきます。
パッケージがそのまま入れ物になっているフィルターも多いですが、このようなフィルターケースがあると持ち運びしやすいので地味にうれしいです。

まとめ

保護フィルターとしては高級な方ですが、それだけの価値がある性能だと思いました。
ただレンズを物理的に守るだけではなく、コーティングによる効果はとても便利でした。

保護フィルターって画質落ちそうでちょっと…という方にもおすすめできると思います。
みなさんもぜひ大切なレンズを守るために使ってみてください。

コメント