レンズフィルターの取り替えが面倒な人におすすめ! 「uuring rapid filter system」

カメラでレンズフィルターを使用する際に、いちいちねじ込み式でフィルターを取り付け取り外しするのがめんどくさいってことありませんか?
フィルターはつけっぱなしというよりはシチュエーションに合わせて付け外ししますもんね。

今回はそんなめんどくさがり方にぴったりな「uuring rapid filter system」をご紹介します。

uuring rapid filter system とは

「uuring rapid filter system」とは冒頭でもご紹介した通りレンズフィルターを簡単に切り替えられるアクセサリーです。

レンズに取り付けるとこんな感じになります。
開閉するパーツのところにレンズフィルターを取りつけて、使用しない場合はこのように上にあげることによってフィルターをレンズから外すことができます。

閉じるとこんな感じになります。
この状態だとレンズフィルターを通して写真を撮ることができます。

セットの中身は rapid filter system 本体と、カシメの部分が緩くなった時に締められる六角レンチが入っていました。

仕組み

仕組みはとても単純で、開閉できるパーツの先端にレンズフィルターを取り付けるようになっています。

こんな感じで、レンズの先端に付けるのと同様にくるくるとまわして取り付けます。

本体は2つのパーツで構成されています。
左のパーツはねじ切りがあるので、通常のレンズフィルターのようにレンズに取り付けることができます。
この左のパーツとレンズの間に右の開閉するパーツを挟み込んで使用するようになっています。

使用感

実際にしばらく使ってみましたが、これはかなりいいです。

フィルターを上にあげるだけでフィルターなしの撮影ができるので、好きなタイミングでフィルターをON/OFFできるのがめっちゃ便利です。

フィルターの取り付けを簡単にするものとしてはマグネット式の物もありますが、これはバッグからフィルターを取りだしたりする必要がないので、荷物を少なくしたいスナップ撮影などにもぴったりだと思いました。

もともとはNDフィルターを取りつけておくことを想定しているみたいですが、ソフトフィルターやブラックミストなど他のフィルターを取りつけても便利だと思います。

またカシメの部分も開閉を繰り返しても緩くなることは今のところありません。
かなり安い製品だったので耐久性や作りの部分は心配していたのですが、全く問題ないと思いました。


一方で大したことではないのですが、カシメの部分がちょうど上になるように取り付けるのがちょっと難しいなと思いました。
几帳面な方だとちょっと気になるかもしれません。
(時間をかけて丁寧に調整すれば、上になるように取り付けることもできます。)

後は取り付けることによってレンズが若干大きくなってしまうので、レンズの小ささやフォルムが好きな方には要注意だと思いました。

まとめ

レンズフィルターを取り付け取り外しがめんどくさいな―と思われる方にはかなりおすすめのアクセサリーです。
荷物が少なくなるので、カメラをもっと気軽に持ち出しやすくしてくれると思いました。

かなり安いので、気になった方はぜひ試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました