最近よく聞く「エッセンシャルワーカー」ってなに?

最近「エッセンシャルワーカー」という言葉をニュースなどで耳にするようになりました。
ワーカーなので働いている人のことを指しているのはわかるのですが、どのような職種の方のことなのかみなさんはご存じでしょうか?

今回はこの「エッセンシャルワーカー」についてご紹介していきます。

エッセンシャルワーカーとは?

エッセンシャルワーカーは英語でEssential Workerと書きます。
エッセンシャル(Essential)とは「欠くことのできない」「必須の」などの意味がある単語です。

ですのでエッセンシャルワーカーとは人々が日常生活を行う上で欠かせない仕事をされている方のことを指します。

具体的には医療従事者をはじめ、運送関係の運転手や郵便配達員、生活必需品を売っているお店の店員、電気・ガス・水道などのライフラインに関わる方、電車やバスなど交通機関に勤める方々が当てはまります。

注目され始めたきっかけ

現在エッセンシャルワーカーと呼ばれる職種は昔から存在していましたが、新型コロナウイルスによって現在注目されるようになっています。

新型コロナウイルス拡大防止のために世界中でロックダウンや不要不急の外出自粛要請などが出ています。
これによってリモートワークなど新たな働き方にシフトしていく職業がある一方で、働き方を変えることが難しい職業の方々がエッセンシャルワーカーです。
エッセンシャルワーカーお仕事を止めてしまうと、もちろん生活ができなくなってしまいます。

このような背景からエッセンシャルワーカーへの敬意をこめて、今注目されるようになったのです。

まとめ

現在エッセンシャルワーカーと呼ばれている方々の職業は昔から生活に欠かせない職業ではありましたが、充実しているときや問題が起きていないときにはそのありがたみを意識していない方も多かったと思います。

今一度エッセンシャルワーカーに敬意を払い、私たちにできることはどんどん協力していきたいですね。
大変な時期だからこそみんなでがんばっていきましょう!

コメント