ケーキの号数とサイズや目安の人数について

ホールケーキを買うときにサイズの目安となるものとして号数があると思います。
でも〇号とか書いてあっても、どのくらいのサイズのことを言うのかよくわからないですよね。
特に実際のサイズを見れないネットなどからの注文だと、号数での判断は必須だと思います。

ということで今回はケーキの号数とサイズや目安の人数についてご紹介していきたいと思います。

号数から直径が計算できる

実は号数から直径を計算することができます。
$$号数\times3=直径\rm[cm]$$
はい、計算自体はめちゃくちゃ簡単ですね。

例えば5号のケーキは直径15cmということになって、大体よくある定規と同じ長さということがわかります。
これだけでも結構大きさをイメージする目安になるのではないでしょうか?

人数の目安は?

いや直径とかわかってもどのくらいの人数で食べるとちょどいいのかわかんないよ、という声が聞こえてきそうな気がするので、人数の目安もご紹介します。

目安としては4号が2~4人分です。
そして1
増えるごとに2人分増えていくイメージになります。

簡単に表にまとめるとこのようになります。

10号のケーキとか見たことないですけど、凄いパーティー用ということが数値からもわかりますね。

ちなみに人数の目安はよくあるショートケーキやチョコレートケーキなどの場合なので、生地が薄いものなどでは若干変わってくるのでご注意ください。

まとめ

号数から簡単にサイズや人数の目安を判断する方法があるんですね。
これでネットで頼んだらめちゃくちゃでかいケーキが届いてしまったということも防げると思います。

ホールケーキを買う機会が今のところ全然ないのですが、私も買うときには目安にしたいと思います。

コメント