「すいません」と「すみません」ってどっちが正しい?

「すいません」と「すみません」ってどっちが正しいかご存じでしょうか?
英語でいうところの「sorry」や「excuse me」など複数の意味で使える便利な言葉ですが、改めて聞かれるとどっちが正しいかごちゃごちゃになりますよね。

ということで今回はどちらが正しいか、なぜ2つ使われているのかをご紹介します。

正しいのは…?

「すいません」と「すみません」ですが、日本語として正しいのは「すみません」です。

話しているときに使う分には聞き流される場合が多いと思いますが、メールなど文面にするとはっきりと間違いがわかってしまうので注意しましょう。

ではなぜ「すいません」が使われているのか?

ではなぜ「すいません」という言葉も世間では使われているのでしょうか?
実はこの「すいません」は話し言葉として出てきた言葉なんです。

「すみません」が正しいですが、若干「すみ」のとこ言いにくくないですか?
口を開かないタイプの発音が続くと言いにくい気がします。
(みなさんも10回くらい連続で言ってみてください、きっと言いにくいはず)

そのため、言いやすいように「すいません」という言葉が使われるようになったと言われています。

たまに時代とともに元の意味と変わって使われるようになり、最終的に新しい意味も正しいということになることもありますが、「すいません」に関しては現代でも間違った言葉です。

まとめ

使う機会が多い言葉だからこそ、正しい「すみません」の方を使えるといいですよね。
特に謝罪の時に間違って使っていると、逆に怒らせちゃうかもしれないです。
(そもそも「申し訳ございません」とかの方が丁寧な感じしていいかもしれませんが)

もし間違って覚えていらっしゃる方がいたら、この機会に「すみません」デビューしてみてください。

コメント