東海道・山陽新幹線がJR東海とJR西日本どっちの保有の車両かの見分け方

東海道・山陽新幹線って実はJR東海とJR西日本の2種類が走行しているということはご存じでしょうか?
ですがこれ、見た目じゃ全然わからないんです。

ということで今回は東海道・山陽新幹線の保有がなぜ分かれているのかと、その見分け方をご紹介します。

なぜ保有がわかれているのか?

そもそもなぜ保有がわかれているんでしょうか?同じ東海道・山陽新幹線なのだから分ける必要ないんじゃないと思いませんか?
実はこれは新幹線が走行している区間が関係しています。

東海道新幹線は東京-新大阪間を走る新幹線で、この区間はJR東海の管轄です。
一方で、山陽新幹線は新大阪-博多間を走る新幹線で、この区間はJR西日本の管轄です。

ですが、これらの新幹線は同じ車両がそのまま東京-博多間を走行しています。

そのため同じ区間を走る新幹線ですが、JR東海とJR西日本の両方の会社がそれぞれ新幹線を保有しているのです。

見分け方

JR東海とJR西日本が保有している新幹線は同じものです。
それではどのようにしてJR東日本と西日本どちらが保有している新幹線なのかを見分けるのでしょうか?
実は新幹線の車内で流れるチャイムで見分けることができます。

  • JR東海:「AMBITIOUS JAPAN!」TTOKIO
  • JR西日本:「いい日旅立ち・西へ」鬼束ちひろ

ちなみに社内チャイムとは駅に到着する直前などに案内と同じタイミングで流れるものです。

「いい日旅立ち」は山口百恵じゃないの?

JR西日本の社内チャイムの「いい日旅立ち」って山口百恵さんの曲じゃないの?と思った方も多いと思います。
確かに「いい日旅立ち」は山口百恵さんの代表曲の一つですよね。

ただJR西日本の新幹線で流れているのは「いい日旅立ち・西へ」なのです。
え、「西へ」ってなに?とご存じでない方にご説明すると、鬼束ちひろさんが「いい日旅立ち」をカバーしたものです。

なのでややこしいですが、山口百恵さんではなく鬼束ちひろさんの歌が使われているということになるんです。

まとめ

普段気にしたことがないことも多いと思いますが、知ってみると面白いですよね。
私も一時期月1くらいで東海道・山陽新幹線に乗っていましたが、一切気にしたことなかったです。
みなさんも今度新幹線に乗る機会があれば、社内チャイムに注目してみてくださいね。

コメント