さっぱりとしたみずみずしいキムチ イケガミ「宮廷キムチ」

最近気分を変えるために食べたことのないキムチを買うのがマイブームです。
ということで、今回はちょっと高くて今まで買ったことがなかったイケガミの「宮廷キムチ」を買ってみたのでご紹介します。

「宮廷キムチ」とは?

「宮廷キムチ」はイケガミから発売されているキムチです。
白菜メインのキムチなのですが、「宮廷キムチ」の白菜には国産のものが使われています。

その最大の特徴は「手仕込み」とパッケージに大きく表記があるように、白菜のは1枚1枚人の手によって仕込まれているそうです。
ちょっとお高いだけあって、こだわって作られているんですね。

ちなみに容器の中身はこんな感じになっています。
ちょっと色味でわかりにくいかもしれませんが、白菜を重ねて付け込んだ状態のまま容器の中に入れられています。

味はめちゃくちゃさっぱりとしています。
食べると程よい酸味と白菜のみずみずしさを感じて、他のキムチとはまた違った味です。
辛さは控えめで、また甘味に関しては全く感じませんでした。

全体的にキムチというよりも白菜の漬物を食べているような感じがしました。
白菜のみずみずしさからも、ちょっと浅めに漬けてあるのかな?という印象です。
(私キムチ素人なので仕込み具合とかよくわかりませんが)

主張しすぎない味なので、他のキムチよりも料理に合わせやすいかなと思いました。
口の中をさっぱりとしてくれるので、味の濃い料理を食べているときに食べると口を切り替えてくれると思います。

キムチに辛さや甘みを求めている人にはちょっと物足りないかもしれないですが、逆に辛いのが苦手な方でも食べれるキムチです。

まとめ

「宮廷キムチ」は「辛めの白菜の漬物」という感じのキムチだと思います。
普通のキムチに飽きてしまった、そんな方は一度食べてみると面白いかもしれません。

コメント