インスタントコーヒーの定番 「ネスカフェゴールドブレンド」 【コーヒー】

インスタントコーヒーが置いてあるお店にはほぼ100%ある「ネスカフェゴールドブレンド」はインスタントコーヒーの定番と言っても過言ではないと思います。

ですがなんだかんだ私は最近飲んでいなかったので買ってみました。
今回はネスカフェゴールドブレンドについてご紹介します。

ネスカフェゴールドブレンドとは

ネスカフェゴールドブレンドはネスレから発売されているインスタントコーヒーです。

日本での発売は1967年でかなり歴史のある商品です。
CMの「だばだーだばーばだばだー」の印象が強い人も多いかもしれません。

「コーヒー感」は5段階中3になっています。
以前ご紹介した「ネスカフェ ゴールドブレンド 香り華やぐが2だったので、バランスよくコーヒーの味がするという感じでしょうか。
(ちなみに公式HPではコーヒー感2になっているのですが、どっちが正しいのでしょうか?)

値段もお手頃で手に入りやすいのも good です。

香り・味

お湯を注いだ時のふわっと香る感じは、他のインスタントコーヒーよりも弱めですが、飲んだ時の香りは普通だと思います。
特徴的な香りというよりは、クセのないスタンダードなコーヒーの香りという感じ。

苦みは少なめで、ブラックで飲んでも苦くないです。
(私はいっつもブラックで飲むので、普段飲まない人からすると苦みを感じるのかもしれないです)
酸味もあまり感じないかなと思います。

ちなみに冷めても苦みも酸味もそこまで強くならなかったので、飲みやすさは変わらずです。
ここは結構うれしいポイントです。


かなり飲みやすいですが、ちゃんとコーヒーの味もするので、全体的に優等生なコーヒーだと思います。
ただコーヒーを普段から飲んでいて苦いのが好きなどの方には、クセがなさ過ぎて物足りないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

まとめ

味のところでも書きましたが、スタンダードで優等生なインスタントコーヒーだと思います。
私はたまにしか買わないですが、おなじみの味なので安心感があります。

インスタントコーヒーを買ってみようと思うけど何にすればよいかわからない方や、何か食べながら飲むのでクセのないコーヒーが欲しい方などにおすすめです。

コメント