オールドレンズを使うなら「RAYQUAL」のマウントアダプターが断然おすすめ! (M42-FX.ADJ)

最近はミラーレス一眼が一般的になってきたことにともない、オールドレンズを付けて撮影するのが結構流行ってきています。

そのために必要なマウントアダプターですが、これも千差万別でたくさんのシュルがあります。

私もマウントアダプターをいくつか試しましたが、その中で一押しでおすすめできるのは「RAYQUAL」のマウントアダプターです。

今回はそんな「RAYQUAL」のマウントアダプターについてご紹介していきます。

マウントアダプターとは

そもそもマウントアダプターというものを知らない方もいらっしゃるかもしれないので、簡単にご説明します。

マウントアダプターとはカメラ本体とレンズをくっつけるためのものです。

本体とレンズが対応しているものだとこのようなマウントアダプターはいらないのですが、他メーカーのレンズやオールドレンズなどの規格の違うものは取り付けることができません。

そこでマウントアダプターで規格を合わせてやることで物理的にくっつけることができるのです。

最近ではオートフォーカスに対応させられるマウントアダプターなど高性能なものも出てきています。

RAYQUAL

今回ご紹介する RAYQUAL 宮本製作所のオリジナルブランドで、主にオールドレンズのマウントアダプターを製造・販売しています。

このブランドの最大の特徴は高品質なところです。
公式HPを見ていただくとわかるのですが、とにかく品質へのこだわりがすごいです。

基本的に現在売っているカメラボディには大体対応できるラインナップになっています。

またレンズ側もオールドレンズではスタンダードなM42マウントから、ライカのMマウント、シネレンズ用のマウントなど様々なマウントに対応するラインナップになっています。

M42-FX.ADJ

私が使っているのは「M42-FX.ADJ」です。
これはM42マウントのレンズを富士フィルムのXマウントのボディに取り付けるためのマウントアダプターです。

金属製でかなり高級感があります。黒も引き締まった黒できれいです。


このマウントアダプターには「M42-FX」「M42-FX.ADJという2タイプがあるのですが、ADJの方はアジャスト機能付きになります。

アジャスト機能とはレンズを取り付けたときに、レンズが止まる位置を自分の好みに変更できる機能です。
オールドレンズによっては取り付けたときに0の位置が一番上に来ず、ずれてしまう場合があります。これを調整することで一番上に持ってくることができるのです。

「M42-FX.ADJ」はアジャスト機能なしの「M42-FX」と比べると2000円高いですが、精密ドライバーまでついてくるので、将来的に調整する可能性がある人にはおすすめです。

ただ私の場合はいろんなレンズをこのマウントアダプターに付け替えているので、調整はしていません。
あと今のところ0の位置が大きくずれることもないので、通常のタイプでも不便はしなかったかなと思います。

実際にオールドレンズを取り付けてみるとこんな感じです。

マウントアダプターがシンプルなデザインなので、どんなオールドレンズを付けても似合います。
意外と銀色のレンズを付けても、アクセントになってかっこいいですよ。

ボディに取り付けるとこんな感じです。
もともとこんなレンズだったみたいになじみますね。

良い点、悪い点

それでは使ってみて感じた良い点と悪い点をご紹介します。

良い点

良い点としてはとにかく品質が良いです。
さすが日本製という感じ。

マウントアダプターは安いものだと2000円くらいのものからあります。
ただ安いものだと無限遠が出ないなどレンズ本来の性能を発揮させられないものも多々あります。

また恐ろしいことにマウントアダプターとオールドレンズの組み合わせが悪いと、最悪外れなくなってしまうこともあるそうです…

その点RAYQUALのマウントアダプターは精度はばっちりですし、外れなくなることはありません。
またしっかりとした作りなので、そうそう壊れなさそうです。

まさにmade in japan って感じですね。

あと今回例で付けたレンズはフジカSTシリーズの「FUJINON 55mm F2.2」というレンズなのですが、これは独自の機能のために取り付け部分に銀色の爪(でっぱり)があります。

通常このようなレンズをマウントアダプターに取り付けて使う場合はこの爪をヤスリなどで削る必要があるのですが、RAYQUALのマウントアダプターでは爪を逃がせる構造になっているので、レンズを加工することなく使用することができます。

削ってしまってもミラーレスで使う場合は問題ないのですが、大切なレンズを傷つけなくていいのはうれしいです。

悪い点

悪い点は価格とサイズです。

まずは価格ですが、20,000円くらいします。
(ただRAYQUALに直接メールして買えば16,000円くらいで買えます)
これはお手頃な海外製のマウントアダプターと比べると10倍くらいするので高いですよね。

ちょっとオールドレンズで遊んでみたいくらいの人だと躊躇する値段だと思います。
素人感覚だと、何かしら電子部品がついているわけでなく、単純に物理的につなげるだけのアダプターでこれだけするのか…と思ってしまうところもあります。

でも他のメーカーでも高品質のマウントアダプターはこのくらいするので、一概に高いとは言い切れないです。


次にサイズですが、正直分厚いと思います。
これも安いものでこれの半分くらいの分厚さのものもあります。
オールドレンズ自体は小さいものもたくさんあるのですが、このアダプターを付けると最近のレンズよりも長くなってしまったりもします。

これだと単に小さいのが欲しい場合は、最近のパンケーキレンズを使った方が良くなってしまいますね。


ただこの2つに関しては、どちらも高精度を出すためには必要なものなので、どのレベル、何を求めるかによって受け取り方が違ってくるかなと思います。

買うなら断然RAYQUALから直接購入がおすすめ

家電量販店やamazonなどでも購入ができますが、おすすめはRAYQUALから直接購入をすることです。

理由は価格がかなり安くなるからです。
例えば今回ご紹介した「M42-FX.ADJ」ですが、通常22,680円(税込)のところ、直接購入すると16,380円で買えます。
6,000円以上安く買えるなんてかなりお得ですよね。

購入方法は、RAYQUALのメールアドレスに購入の依頼のメールを必要事項を書いて送ると、担当の方が対応してくださいます。
(詳細はこちらでご確認ください)

ちなみに私も直接購入しましたが、担当の方がかなり丁寧に対応してくださりました。
ここも日本のメーカーの素晴らしさだなと思いました。

まとめ

今回は「RAYQUAL」のマウントアダプターの特徴や良い点・悪い点をご紹介していきましたが、とにかくおすすめです。

私は2年くらいこれを使って様々なオールドレンズで撮影していますが、使用感で不満を感じたことは一度もありませんでした。

ヘタしたらオールドレンズよりも高いですが、それだけの価値のある製品です。
持っているだけでちょっとテンションが上がる、そんな高品質なマウントアダプターだと思います。

今からオールドレンズを使ってみたいと考えている人、すでにマウントアダプターを持っているけどちょっといいものに買い替えたいと考えている人には、ぜひ手に取っていただきたいです。

ぜひ公式HPを見てみてください。

コメント