根拠はないけど大丈夫な曲 ネクライトーキー「俺にとっちゃあ全部がクソに思えるよ」

ネクライトーキー新曲「俺にとっちゃあ全部がクソに思えるよ」を配信先行リリースしました。

題名からしてインパクト大なのはいつも通りなのですが、例にもれず良い曲だと思ったので、今回はこの「俺にとっちゃあ全部がクソに思えるよ」をご紹介させていただきます。

ちなみにネクライトーキーってなに?って方は、以前紹介した記事があるのでそちらを参照してください。

「俺にとっちゃあ全部がクソに思えるよ」とは?

「俺にとっちゃあ全部がクソに思えるよ」はネクライトーキーの2021年5月19日発売予定のメジャー2ndアルバム「FREAK」に収録されている曲です。

4月28日に先行配信、4月30日にYouTubeにてMVが公開されました。


ネクライトーキーはポップな曲調ともっさ(Vo&Gt.)のかわいい声にダークだったり過激な歌詞というギャップが魅力のひとつだと私は思っているのですが、今回の「俺にとっちゃあ全部がクソに思えるよ」は結構ポジティブな歌詞になっています。


特に印象に残ったのはサビのたびに何度も出てくる「大丈夫」という歌詞です。
仕事などが毎日忙しくて大変だけれど、とりあえず僕らは大丈夫という緩いポジティブさが歌われています。

無理やり現状を変えようとするのではなく、とりあえず根拠はないけれど大丈夫という感じがネクライトーキーっぽくていい曲だと思いました。

「御影君は帰りたい」とコラボ!

「俺にとっちゃあ全部がクソに思えるよ」のMVは漫画アプリの「GANMA!」で連載中の漫画「御影君は帰りたい」とコラボしています。

「御影君は帰りたい」は超ブラック会社に入社してしまった新入社員の主人公の「御影(みがけ)」とポジティブサイコパスの同期「小日向陽」とのブラック企業・ラブ(?)コメディです。

「ブラック企業・ラブ(?)コメディ」という文言はGANMA!での紹介文から引用してきましたが、かなり異色の内容で、字面が強いです。。。
(ポジティブサイコパスも字面強いですが、漫画を読んだら1話で納得しました。)

歌詞も「御影君は帰りたい」の世界観というか、仕事のブラックさにマッチしているので、まさにぴったりなコラボだと思いました。

MVの中で出てくる引き出しの中に大量のおにぎりなども漫画の中のエピソードなので、漫画を読んでからもう一度MVを観るとより楽しめるかもしれません。


また作者のミナヤマカエル先生書き下ろしで、ネクライトーキーのメンバーが登場するスピンオフマンガも公開中です。

「御影君は帰りたい」2021年5月現在で70話まで公開されているので、ハマったらかなりたっぷり読めます。
1話から5話まではアプリ出なくても無料で読めるので、気になった方はこちらからチェックしてみてください。

まとめ

押し付けないけど肯定してくれる曲で、聴いていてゆるく前向きになれる曲だと思います。

入社した会社がブラック企業でめちゃくちゃ追い込まれるという新社会人の方もこれくらいの時期には出てくると思いますが、この曲を聴いたり「御影君は帰りたい」を読んで共感したりしてちょっとでも前向きになれたらいいなと思いました。
(個人的には転職した方がいいとは思いますが。。。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました