一本の存在感がすごい! 六義園のしだれ桜

今年は例年に比べ桜の開花が早く、焦って花見に行ったら若干早かったあわてんぼうのべーやんです。目黒川に花見をしに行ったら場所によっては咲いていたのですが、見ごろは来週かなって感じだったので早々に切り上げ、その足で六義園に行きました。
六義園はしだれ桜が有名なのですが、しだれ桜はソメイヨシノよりも咲くのが早くちょうど今が見ごろなのです。今日はそんな六義園のしだれ桜をご紹介します。(2020年3月21日訪問)

事前情報はほぼなしで行ったのですが、最寄り駅の駒込駅から徒歩5分もかからないところに六義園があります。到着してまず驚いたのは…
めっちゃ並んでる!!!(はい、ここ衝撃過ぎて写真撮り忘れてました。)
到着したのは15時半くらいだったと思うのですが、列の長さとしては30-40mくらい並んでた気がします。
ちなみに入り口は駅に近いところ以外に、真逆くらいの位置の正門の二か所があります。正門の方が若干空いていたので、そっちに並ぶのがおすすめ。列を見てあきらめて帰られた方もいたみたいですが、意外と回転が速く10分くらいで中に入れました。

入園料の300円を払って正門から入ると結構すぐに見えてきました

でかい!!そしてめっちゃ咲いてる!!
存在感がすごいです。ちなみにこの桜一本がメインなので、周りにめちゃくちゃ人います。

下から見るとこんな感じ。覆いかぶさってくるような感じがいかにもしだれ桜って感じでいいですよね。

アップにしてもきれい。触れるくらい近くにあるので、広角レンズでもアップで撮れます。
でも桜が痛んじゃうので触っちゃだめですよ。

ちなみに桜の木はほぼほぼこの一本だけです。なのでこの木の周りにめっちゃ人がいるのですが、それ以外の園内には人が少なく落ち着て回れます。このしだれ桜だけ見て帰っちゃう人も結構いるのかな?
でもですね、個人的には離れたところに咲く桜もおすすめなんです。

写真ではわかりにくいと思いますが、メインのしだれ桜とは違ってかなり背が高いのでちょっと遠い感じですが、人も少なく落ち着てお花見できます。鳥もめっちゃ来てて和みました。

毎年ライトアップもしているのですが、今年はコロナウイルスの影響でライトアップは中止です。(それもあって昼間が劇混みだったかも?)
でも昼間でも最高にきれいで満足でした。機会があればぜひみなさんも見に行ってください。

コメント