革のお手入れに間違いないクリーム collonil 「1909シュプリームクリームデラックス」

みなさん革製品のお手入れってちゃんとしてますか?
革靴に関しては最低限の手入れ道具を持っている方も多いと思いますが、財布や手帳などはお手入れしていない方も多いのではないでしょうか?

そもそも革製品の手入れっていろんな道具を用意して、いろんな工程をやらないといけなそうで面倒くさいというイメージを持たれているかもしれません。
実際私もそうでした。

今回はそんな私でも革製品のお手入れが簡単にできたお手入れ用のクリーム「1909シュプリームクリームデラックス」をご紹介します。

1909シュプリームクリームデラックス とは

緑のパッケージが目印の「1909シュプリームクリームデラックス」はcollonil(コロニル)から発売されている革の手入れ用のクリームです。

公式の説明文では、革への浸透力の高い成分で構成されている高級栄養クリームらしいです。

効果は

  • 保革
  • 栄養補給
  • 柔軟性
  • 補色性

とのこと。
簡単に言うと革への栄養補給と艶など見た目をよくする効果、コーティングして水などから革を守る効果があります。

色もいろんな種類があるんですが、今回私が買ったのは「カラーレス」という色のついていないものです。
カラーレスであればどんな色の革製品に使っても大丈夫なので、一つ持っていると便利です。

逆に色のついているものに関しては、擦れたりして落ちてしまった色を補うことができるので、靴など色落ちや傷がつきやすいものに関しては効果大です。

価格は100ml 2800円+税(2020年10月現在)なので、革用クリームとしては決して安くはありません。というか高級な方かもしれません。
ですが価格に見合うだけの効果のある商品です。
(定価なので実際にはもう少し安く買えます。)

使い方

使い方はとても簡単で、適量布で取って革製品に塗り込むだけです。

本格的に手入れをする場合はブラシや布で革についた汚れを先に落としておきます。

塗る範囲によりますが、私はこのくらい取って足りなくなったらまた取るようにしています。

革製品にクリームを付けたら、力を抜いて円を描くように塗り込んでいきます。
クリームは全体的にまんべんなくいきわたるようにして、白いところがなくなるようにしましょう。

ちなみに初めてクリームを塗る場合は、シミにならないか念のために目立たないところで確認してから全体に使うようにしましょう。
また、マットな革には適さないみたいなので注意が必要です。

乾いた後に布で革を軽く磨いてあげればお手入れ完了です。

使用感

お手入れの手軽さは最高レベルだと思います。
クリームは柔らかくてとてものばしやすいので、ちゃんと塗り込んであげればムラが出ることもありません。
もし塗りすぎても布でふき取ってあげればいいので、気軽に使うことができます。

使用後の革はキュッとした、洗った後のお皿のような手触りになります。
また、艶や光沢が出るので見た目も新品のころのような輝きがでます。
見た目や手触りはかなりわかりやすく効果が出るので、一度使うとお手入れが楽しくなると思います。

ちなみに栄養分に関してはわかりませんが、使っている革製品は長持ちしているのでおそらくいい成分なんでしょう。

まとめ

「革の手入れをしてみたいけど何を買ったらいいかわからない」という人には間違いなくおすすめできるクリームだと思います。
また、革の手入れにこだわっている人も満足できるクオリティです。

革のお手入れをお考えの方は、ぜひ試してみてください。

コメント