香ばしさと深い味わいがインスタントで楽しめる ネスカフェ 香味焙煎 濃厚 ボルカニックブラックブレンド【コーヒー】

ネスカフェのインスタントコーヒーのパッケージに1日3倍飲むと体にいい的なことが書いてありますが、私は1日10杯近く飲んでいるので逆にやばいのではないかと最近心配してます。
過ぎたるはなんとやらですからね。

そんなこんなでめっちゃ飲むのでインスタントコーヒーにはこだわりがちょっとだけあります。

え、そんなにコーヒー語るならなんで自分で淹れないでインスタントなのかって?
家の近くにカルディがあるのですが、めっちゃ飲むことを考えるといちいち濾すのもめんどくさくてインスタントです。

最近はいろんなインスタントコーヒーを試していたのですが、一周回って5年くらい前からずっと飲んでいたネスカフェの香味焙煎シリーズに戻ってみました。

近所で詰め替え用しか売ってなかったので、写真は詰め替え用です。

香味焙煎シリーズとは

香味焙煎シリーズはネスカフェから発売されているインスタントコーヒーのシリーズです。

ちなみに現在は
・濃厚 ボルカニックブラック ブレンド
・円やか ジャガーハニー ブレンド
・鮮やか アフリカンムーンブレンド

の3種類あります。

もともとネスカフェの「香味焙煎 深み」というものが好きで飲み続けていたのですが、2018年にリニューアルして現在の3商品が発売されました。

このシリーズはネスカフェ独自の「挽き豆包み製法」によって、入れたての鮮やかな香りとコーヒーの本来の味わいが楽しめるようになっているらしいです。
また乾燥工程は通常のネスカフェ製品の12倍以上の時間をかけてじっくり乾燥させているそうです。なんかすごそうですね。

またコーヒー豆にもこだわっていて、「希少豆」という世界中から厳選された個性的で希少な豆を使っているらしいです。

ボルカニックブラックブレンドとは

香味焙煎シリーズでも今回ご紹介するボルカニックブレンドは、コロンビアのクンディナマルカ地方産の豆です。

この地区は古代の地殻活動や火山活動の影響で黒い土壌になっているらしいです。
火山灰などの影響が残る黒い土壌に含まれるミネラル分によって、来る出稲丸加地方のコーヒー豆の特徴が出る可能性が高いということが調査で分かってきたそうです。

これが「ボルカニックブラック」という強そうな名前の由来ですね。

ちなみに今回ご紹介するボルカニックブラックブレンドですが、途中で名前がクンディナマルカブレンドから変わってみたいです。
なので製造のタイミングとかで名前が違いますが、同じ商品です。

香り・味

「香味焙煎」と名前がついているだけあってお湯を注いだ時の香りがとてもいいです。
しっかりと香ばしい香りがします。

飲んでみても鼻から抜ける香りはしっかりと香ばしさを感じます。
豆本来の香りもあるのでしょうが、香りに関してはこの「焙煎しました!!」って感じが強い気がしますね。

味は口に入れたときはずっしりとした重厚な味わいなのですが、意外にも後味は軽くすっきりとしています。
なのでブラックで飲んだ時に「コーヒー飲んでる!」っていう味を楽しんだ後に、苦みやえぐみは残らないという、本格的な味だけど飲みやすいという感じですごくいいと思います。
コーヒーの深い味をしっかり楽しみたい人にはおすすめです。

私的には同じネスカフェのネスカフェプレジデントと比べると、苦みが少し弱く、酸味が若干ですがあるような気がします。

まとめ

今回ご紹介した香味焙煎ボルカニックブラックブレンドは、安いインスタントコーヒーと比べると若干高いですが、高級なシリーズに比べると安いという中間の価格帯なので、コーヒーにちょっとこだわりたい人に手が出しやすい商品だと思います。

難点は若干他のネスカフェ商品と比べて取り扱いが少ないところですかね。
特にリニューアルしてからさらに減った気がします。

今はネットでも安く買えるので、お口に合えばまとめて詰め替え用を買っちゃうのもいいと思います。

そんなに高くないですし、ぜひ一度試してみてください。

コメント