すぐ読み切れる自己啓発のレジュメ 青木仁志「超・達成思考」 【本・感想】

最近在宅勤務が続いていて人と話さないので声の出し方忘れてしまい、たまに人としゃべると声が出なくてコミュ障みたいになりがちのべーやんです。
今日はさらっと読める自己啓発本をご紹介します。
青木仁志さんの「超・達成思考」です。

はい、お察しの通り完全に見た目で選びました。まあフィーリングも大切ですよね。

こんな人にはおすすめ

・普段本を読まないが、自己啓発本を読み始めたい人

これに限ります。
先にお話ししておくと、普段から自己啓発本を読んでいらっしゃる方は他の本をおすすめします。
この本はかなり薄いです。160ページくらいなのですが、文章の周りには余白が多く、イラストもかなり多く入っています。

横から見るとこんな感じです。
内容もジョハリの窓や第二象限の話など、自己啓発本でよくある内容がさらっと紹介されています。ですので、本を読むのが苦手、本を読む習慣がないが自己啓発本を読んでみたいという人は読んで得るものがあると思います。逆に普段から自己啓発本を読んでいる人には物足りない感じがします。

主な内容

主な内容をざっくりまとめると

・燃えるような願望をもって行動しましょう
・目標から逆算して行動しましょう
・パワーパートナーを作りましょう(付き合う相手を選びましょう)

みたいな感じです。
「七つの習慣」や稲盛和夫さんの「生き方」にもあったような内容が簡単にまとめられている印象でした。
また表紙のキャラクター「ぺったん」と主人公の物語をベースにお話が進んでいくので、漫画のような感覚で読み進められます。ぺったんが空を飛ぶために主人公に本を読ませるお話です。(これだけだと何も伝わらないですね)

まとめ

内容は自己啓発本でよく見るような内容ですが、言い換えれば間違いないことが書かれています。160ページ弱の本ですが値段は1350円(税抜き)と決して安くはありません。ですので人を選ぶと思います。
普段は本を読まない人でも3時間くらいで読み切れるので、自己啓発本を読む練習やきっかけにして、興味を持った内容をほかの本を読んでより深掘りしていけるとよいのではないでしょうか。

コメント