「幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ」ウィリアム・ジェームズの考え方【偉人の名言】

We don’t laugh because we’re happy – we’re happy because we laugh.
(幸せだからわらうのではない、笑うから幸せなのだ)


これはアメリカの哲学者・心理学者のウィリアム・ジェームズの言葉です。
今回は後の哲学に大きな影響を与えたウィリアム・ジェームズについてご紹介します。

ウィリアム・ジェームズ

ウィリアム・ジェームズ(William James)はアメリカの哲学者・心理学者です。
彼はプラグマティズム(pragmatism)を唱えた第一人者としても有名です。

ちなみにプラグマティズムというのは「物事の心理は実際の経験の結果によって判断する(経験したことがないことの真理を考えることはできない)」という考え方です。
実用主義、道具主義、実際主義とも呼ばれるそうです。

難しくて何のことかわからない方も多いと思いますが、書いている私も良くわかっていないので大丈夫です。
とにかく哲学に大きな影響を与えた人物ということです。

またウィリアム・ジェームズは哲学のみならず心理学、生理学など様々な分野に精通していたそうで、医学を学んで解剖までできるようになったそうです。

考え方

冒頭にご紹介した「幸せだからわらうのではない、笑うから幸せなのだ」というのはウィリアム・ジェームズの考えを良く表しているとされています。
というのもウィリアム・ジェームズは同じような言葉をたくさん残しているのです。

  • Believe that life is worth living, and your belief will help create the fact.
    (生きる価値があると信じれば、あなたの信念がその事実を生み出す助けとなる)
  • Pessimism leads to weakness, optimism to power.
    (悲観主義は弱さにつながり、楽観主義は力につながる)
  • The greatest discovery of my generation is that a human being can alter his life by altering his attitudes.
    (私の世代の最大の発見は、人間は態度を変えることで自分の人生を変えることができるということだ)

このようにウィリアム・ジェームズは考え方によって結果が大きく変わると考えています。
「信念」という言葉も真理に関係するとするほど重要視していたので、考え方・思い・信念などを大切にしていたんですね。

まとめ

「幸せだからわらうのではない、笑うから幸せなのだ」という言葉の響きがキャッチ―なので言葉だけを知っている方も多かったかもしれませんが、この言葉にはウィリアム・ジェームズ信念が詰まっていると思いました。

人間は考え方で多くのことを変えられます。
もしつかみたい未来があるのならすぐ無理だと諦めるのではなく、強く想って行動することが重要なのではないでしょうか。

コメント