家でひとりでもいろんな人とつながれる! 星野源「うちで踊ろう」 コラボも紹介!

星野源さんがかっこよすぎて夜中に急いでこの記事を書いてます。
星野源さんがInstagramに「うちで踊ろう」という曲をアップされました。まずは一回聴いてください。

この投稿をInstagramで見る

家でじっとしていたらこんな曲ができました。  ”うちで踊ろう”  たまに重なり合うよな 僕ら 扉閉じれば 明日が生まれるなら 遊ぼう 一緒に  うちで踊ろう ひとり踊ろう 変わらぬ鼓動 弾ませろよ 生きて踊ろう 僕らそれぞれの場所で 重なり合うよ  うちで歌おう 悲しみの向こう 全ての歌で 手を繋ごう 生きてまた会おう 僕らそれぞれの場所で 重なり合えそうだ  #うちで踊ろう #星野源  誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?

Gén Hoshino 星野源(@iamgenhoshino)がシェアした投稿 –

はいかっこいい。

今回はこの「うちで踊ろう」についてご紹介します。

(記事をアップしてからもどんどん進化したり新たな展開がされているので、いろいろ追記しました。)

様々な人が音を重ねてる!

この曲のすごいところは音が重なってどんどん新しい音楽になっているところです。

源さんのコメントのところで「この動画に楽器の伴奏やコーラスダンスを重ねてくれないかな?」と呼び掛けています。
これに反応したいろいろな人がダンスやコーラス、楽器の伴奏などを足した動画をアップしているのです。年齢も様々で小さな子が曲に合わせて踊っている動画などもあります。

ちなみに芸能人の方もコラボされています。普段から源さんと仲の良い方々のを2つご紹介します。

三浦大知さん

この投稿をInstagramで見る

 #うちで踊ろう #星野源

三浦大知(@daichimiura824)がシェアした投稿 –

高畑充希さん

この投稿をInstagramで見る

おうちが楽しくなるね #うちで踊ろう #チチも踊ろう

高畑充希(@mitsuki_takahata)がシェアした投稿 –

バナナマンさん

これはシュール笑


うちで踊ろうはいろんな人に音を重ねてもらうことを前提に作られた曲なので、わざと原曲では音と音の間に隙間を作るようにしているそうです。
また打ち込みの人が有利にならないように、テンポがわざと一定じゃないらしいです。
なのでテンポが速くなったり、遅くなったりしているところがあります。


コロナウイルスの影響で今までのようには人と会えなくなり、人とのつながりが薄くなってしまっている方が多いと思います。
そんな中で離れた場所で過ごす人たちが、実際に会うことができなくてもこの曲でつながっていっているのです。

やっぱり源さんさすがだなぁ。
みなさんもダンスや楽器などで参加してみてはいかがでしょうか。

音源の無料配信がスタート

楽曲がこちらからダウンロードできるようになりました。
無料ですので、ぜひダウンロードしてみてください。

PCからはもちろん、スマホからもダウンロードできるようになっています。

うちで踊ろう(Potluck Mix)

そしてついに源さんのバンドメンバーの音を重ね合わせた「うちで踊ろう(Potluck Mix)」も公開されました。
こちらでは源さんは歌のみで参加しています。(ギターは弾いていません)

Potluck Mixのすごいところは、バンドメンバーにそれぞれ音源をもらい、それを単に重ねただけで完成しているところです。

上でも書いた通り、うちで踊ろうはわざとテンポが一定にならないように作られています。
ですがPotluck Mixではテンポの調整をしていないんだそうです。
それなのにこんなにぴったり合うのはすごいですよね!

まとめ

今回のこの件で音楽で人と人がつながるのを目の当たりにした気がします。
今はみんなつらい時期だとは思いますが、今は人とのつながり方はたくさんあります。

困難な状況だからこそ、みんなで一丸となって乗り越えていきたいですね。

コメント