安くておいしいザーサイの定番!「桃屋の味付搾菜」

中華料理のお供と言えばザーサイですよね。
私は良く中華料理屋の定食を昼に食べに行ったときに出てくるザーサイがすごい好きでした。
でもお店で出てくる量はほんのちょっとなので「満足いくまでザーサイが食べたい!」と思いスーパーでザーサイを買うようになりました。

ですがザーサイって結構当たりはずれがあって、思ったような味になかなかたどり着けませんでした…
そんな時に定番すぎて逆にずっと買っていなかった「桃屋の味付搾菜」を買ってみて感動したので、今回はこれについてご紹介していきたいと思います。

桃屋の味付搾菜とは

「ごはんですよ!」でおなじみの桃屋から発売されている「味付搾菜」はとても本格的な方法で作られています。

ザーサイは天日干しをした後に一度塩漬けにしてから絞って塩抜きをし、その後約10種類の香味量を使用して約1年ビン詰めをして発酵熟成させて作ります。
このように手間と時間のかかるザーサイですが、桃屋の味付搾菜はこの本来の手法で作られています。

桃屋の公式YouTubeチャンネルで味付搾菜ができるまでの工程が紹介されています。
かなり手間がかかっているのがわかりますね。

ラインナップは通常サイズの100gとお徳用の165gというものがあります。
ちなみにスーパーでよく見かけるのは100gの方です。

桃屋の味付搾菜の最大の特徴は味の深みだと思います。
約1年発酵熟成させているだけあって、しっかりと味がしみ込んでおり、噛めば噛むほどうまみが出てきます。

パックで売っているザーサイの中には、触感はしっかりザーサイですが味が薄かったり物足りないものも良くあります。
ですが、この桃屋のザーサイは純度100%のザーサイの味が楽しめます。これぞザーサイって感じです。

またしっかりとザーサイ本来の苦みもあります。
これによって脂っこい料理と一緒に食べたときに口がさっぱりするので、中華料理との食べ合わせは最高です。

ビンにぎっちりとザーサイが入っていますが、ビンの上と下で味の濃さが違うというのも私は感じませんでした。
最初から最後まで同じクオリティが楽しめます。これもうれしい点だと思いました。

まとめ

味、値段、手に入りやすさの3店すべてが最高レベルのザーサイです。
中華料理屋で出てくるザーサイが好きで好きなだけ食べたい!という人には間違いなく買っていただきたい商品でした。

みなさんも桃屋の味付搾菜を買って食卓にザーサイのある生活をしてみてはいかがでしょうか?

コメント