氷川台のお酒が飲みたくなる街の中華そば屋 がんちゃん【ラーメン】

今回ご紹介するラーメン屋さんは東京都練馬区氷川台にあるお店「中華そば がんちゃん」です。
東京メトロ氷川台駅から地上に出て徒歩3分くらいの場所にあります。

お店の前はこんな感じです。
「中華そば」と店名にも書いてありますが、テラス席があったりとちょっとラーメン屋っぽくないです。

店内はもっとラーメン屋っぽくないです。
雰囲気は喫茶店みたいな感じでした。

カウンター席とテーブル席があって、結構奥に広いので人がたくさん入れそうです。
ラーメン屋でよくあるお水はセルフサービス式のお店で、お水は入口のすぐ横にサーバーが置いてあります。
常連さんは入店してすぐ水を入れてから席に座っていました。

注文は席に座ってから店員さんに注文、お会計は帰りに奥のレジで払うようになっていました。

メニューはこちらです、メニューがめっちゃ多いです。
予想以上にラーメンの種類があってかなり悩みました。

めちゃくちゃ悩んだのですが、今回このお店に来たのは食べログを見てとってもおいしそうな写真があったからだったので、その写真のラーメン「辛口スタミナみそ」を注文しました。

ちなみにお酒もたくさんの種類があります。
これだけ見たら完全に居酒屋のラインナップですよね。

こちらが今回注文したスタミナ辛口みそです。
運ばれてきた段階で見た目も香りもめっちゃ辛そうでした。

まずはスープを一口飲んだら、見た目通りしっかり辛かったです。
味噌の風味がベースにはありますが、ラー油の辛味やにんにくのパンチが効いていて、これぞスタミナラーメンという感じでした。
ちなみに私が食べたのはまだ長袖を着るような時期だったのですが、汗が止まらなくなりました。

これだけ読むとただ辛いみたいに思われてしまうかもしれませんが、それぞれの刺激がうまみを感じることができるくらいに調整されているのでとてもおいしいスープでした。

麺はスタンダードな太さの麺です。普通においしいですが、麺には特に特徴はありません。
中華屋さんで出てくるラーメンによく使われてそうな麺だなと思いました。

ご覧の通りしっかりとにんにくのスライスが入っています。
にんにくを直接食べなくても先述の通りしっかりとスープににんにくの香りが移っているので、さらににんにくを感じたい人は食べてくださいという感じですね。

また卵に火が通ったスクランブルしてないスクランブルエッグみたいなものが入っていて、これが辛さまみれのスープの口安めになってくれました。

後おもしろかったのは、炒めたピーマンが具として入っていました。
最初は味噌ラーメンにピーマン?と思ったのですが、ほどよい苦みとコリコリとした触感がアクセントになって、口の中をさっぱりさせてくれました。

メニューにもよると思いますが、かなりボリューム満点だと思います。
私はいつもラーメンは大盛を注文するのですが、がんちゃんのスタミナ辛口みそは普通盛りでお腹いっぱいになりました。

辛いですがクセになって箸が止まらなくなっちゃうラーメンでした。


たくさんメニューがあったので、また他のメニューも食べに来たいと思いました。
ラーメンと餃子を注文して、お酒を飲みながら食べてもおいしそうですよね。
みなさんも氷川台に行くことがあれば、ぜひ食べによってみてください。

コメント