圧力鍋でつくる鶏もも肉と野菜の煮込み

最近めちゃくちゃ寒くなって、暖房を消すタイミングを見失っています…
そんなこともあり体が温まる料理を求めずっと煮込み料理をしています。

今回はそんな煮込み料理の中でも圧力鍋さえあれば簡単に作れる鶏もも肉と野菜の煮込みの作り方をご紹介します。

材料

材料(2人前)
・鶏もも肉    ・・・ 300g
・大根      ・・・ 4分の1本
・玉ねぎ     ・・・ 1玉
・サラダ油    ・・・ 適量

煮込み用
・長ネギの青い部分・・・ 1本
・チューブ生姜  ・・・ 1cm
・醤油      ・・・ 大さじ3
・料理酒     ・・・ 大さじ3
・みりん     ・・・ 大さじ2
・砂糖      ・・・ 小さじ1
・水       ・・・ 500g

チューブ生姜の代わりに生姜を使っても大丈夫です。
その場合は4分の1個をスライスしたものを使います。

作り方

まずは食材をカットしていきます。鶏肉は2人前なので2つにカットしましょう。

これは面倒くさいから大きく切っているわけではなく、煮込んでいく間に崩れていってしまうので大きめにしています。決して面倒くさいわけではありませんよ、ええ。

野菜は玉ねぎは皮をむいたらそのまま、大根は桂剥きをした後に1cmちょっとの太さに切ります。
玉ねぎに関してはお好みで半分に切ってもいいと思います。

圧力鍋にサラダ油を引き、鶏肉を炒めます。
両面に火が通って色が変わるまで炒めましょう。

鶏肉が炒め終わったら、残りの食材と煮込み用の材料をすべて入れます。
長ネギの青い部分を使うとなんか料理できる人みたいでいいですよね。え、思いませんか?

その後圧力鍋のふたをして火にかけ圧力をかけましょう。

圧力をかける時間は圧力鍋によって異なります。
お肉用の高圧の設定ができる圧力鍋は圧力がかかってから10分、低圧のものは圧力がかかってから15分間圧力をかけ、その後火を止めてふたを開けられるようになるのを待ちます。

このとき圧力を長時間かけすぎてしまうと鶏肉がほろほろになりすぎて繊維状に細かくなってしまうので注意が必要です。

ふたが開くようになったらたまに鍋を振りながら煮詰めていきます。

どのくらいに詰めるかは味の好みになります。
食材には圧力をかけているためしっかり汁が染みわたっているので、あとは味の濃さを調整する感じになります。
煮込み汁を味見してみて、食材に付けたい味の濃さになるまで煮込みましょう。

好みの味になったら完成です。
ざっくり食材を切った後は火にかけていれば完成するのでとっても簡単に作れます。

圧力鍋がお家にある方はぜひ試してみてくださいね。

コメント