おいしく食べて健康に! 満尾正「食べる投資ハーバードが教える世界最高の食事術」 【本・感想】 

みなさんこんにちは。食べることが三度の飯より大好き、会社の引き出しにはおやつが常時3種類入っているべーやんです。最近はスイーツ食べ放題で時間を半分残して胃がもたれてしまい徐々に年齢を感じていますが心は若者です。
最近仕事がデスクワークになり、日中の運動は自席とお茶入れのサーバーを行ったり来たりするだけ。かといって死ぬほど運動音痴なこともあり、食を変えることでどうにか健康を維持できないかと考えた結果たどり着いたのがこの本

満尾正さんの「食べる投資 ハーバードが教える世界最高の食事術」です。

スーツのビジネスマンが食事をしている写真、「投資」というキーワード、単純な私は本屋で発見してから1分以内に購入していました。今回はこの本をご紹介します。

こんな人におすすめ

・最近疲れやすくなった、パフォーマンスが下がってきている人
・サプリで栄養を取ろうと思うが、何を選べばいいかわからなくて困っている人
・健康は気になるが、何をしていいかわからない人

内容

この本では食事術として4章に分けて解説されています。

第1章 最大リターンを得れる投資は「食事」である
第2章 実践 投資になる食事
第3章 パフォーマンスを最大化する食事術
第4章 食べない投資

各章ごとのざっくりの内容をご紹介します。

最大リターンを得れる投資は「食事」である

現代人の栄養不足、日本の栄養学の遅れ、体の不調の原因など食事と健康のかかわりが書かれています。
特に栄養素別にどのように健康に関係しているかが簡単に書かれれていてわかりやすかったです。私の場合平日の昼間はデスクワークなので日にほとんど当たらないのですが、ビタミンDは日に当たることで体内で生成されるので、おそらく足りていないと思います。その他は青魚を食べるかサプリメントで摂取するのが主な方法だと書いてあったので実践していきたいと思いました。

実践 投資になる食事

この章だけ急にレシピ本になります。具体的には料理のカラーの写真が入り、写真のみならず文字までカラーになっています。

横から見ると明らかに色が違うページが真ん中にありますよね。第2章はここです。

納豆を一日一パック食べるためのアレンジ方法や、野菜を一日四色以上摂取するためのレシピなどが載っています。
すごくいいなと思ったのは、難しい調理方法がなく、また休みの日に作り置きできるようなレシピもあり、ビジネスパーソンでも無理せず続けられる健康料理が多かったことです。
実際にいくつか試しに作ってみましたが、味もばっちりおいしかったです。

パフォーマンスを最大化する食事術

それぞれ栄養が大切なことは第1章に書かれているので、この章では実際にどのように栄養を摂取してくかが具体的に書かれています。個人的にはこの章が一番ためになりました。
最近話題の毎日1パック納豆を食べることや、ココナッツオイル摂取による健康効果など様々な方法が紹介されています。

面白いなと思ったのは、サプリメントでの摂取をおすすめしている栄養があったことです。ビタミンD、亜鉛、マグネシウムの3つは食事だけでは必要量を満たすことが難しいそうです。こういう本では全部「野菜や魚から摂取しましょう」と書いてあると思っていたので意外でした。

また質の良い睡眠をとるためにアミノ酸の一種であるグリシンが効果的と書かれていて、私もこの本を読んでから実践していますが、かなり効果が実感できてます。

食べない投資

最後のこの章では体に良くない食べ物や食事の習慣について紹介されています。
甘い飲み物は飲まないのような知っているものもあれば、糖度の高い果物や野菜の摂取も控えた方が良いというのは私は知らなかったので勉強になりました。(果物とか野菜は何でも体にいいと思い込んでました…)

まとめ

必要な栄養とそれをどうやって摂取すればよいかがわかりやすく書かれていてよかったです。
本書全体を通して、実践が難しすぎないところもいいと思いました。「お酒を飲んではいけない」ではなく「過度な飲酒は控えましょう」だったり、「毎日必ず健康的な食事をとりましょう」ではなく「たまには不摂生もいいけど、普段は健康的なものを食べてバランスを取りましょう」みたいな感じです。
健康を気にしているけど何をすればよいかわからない、そんな人はぜひこの一冊から始めてみてはいかがでしょうか。

コメント