ミツカン提案の納豆の意外な組み合わせ「ご飯に合う濃厚焼肉タレで食べる旨~い極小粒納豆」

ある日スーパーでなんか面白そうな納豆を発見したので買ってみました。
その名も「ご飯に合う濃厚焼肉タレで食べる旨~い極小粒納豆」です。

パッケージには納豆よりも焼き肉が大きく写っているという何ともインパクトのある商品です。
しかも「本品にお肉は入っておりません」という注意書きまであります。

インパクトはばっちりですが、実際のところ味はどんな感じなのかをご紹介していきたいと思います。

商品紹介

「ご飯に合う濃厚焼肉タレで食べる旨~い極小粒納豆」とはミツカンから発売されている納豆です。
ミツカンは最近「ご飯に合う濃厚タレシリーズ」というのを出していて、焼肉と生姜焼き味があります。

最大の特徴である焼き肉のたれには玉ねぎやリンゴ、コチュジャン、にんにくなどが入っているそうで、本格的な焼き肉のたれを意識したつくりになっています。
このタレと良く絡むように、納豆自体は極小粒のものを使っているそうです。

中身、タレ

パックを開けるとこんな感じで納豆と焼肉のたれが入っています。
タレのサイズは通常の醤油タレと同じくらいのサイズでした。
納豆はちょっと内容量少ないかな?って感じましたが、ちゃんと確認していません。

タレをかけてみるとこんな感じになりました。
写真でも若干わかると思いますが、かなりドロッとしています。
また味はちょっと甘めの焼き肉のタレ?って感じですが、よくある焼肉屋さんに置いてあるやつよりも味は薄めな気がします。

食べてみると思ったよりも焼き肉のたれで食べているっていう感じはありませんでした。
と言ってもおいしくないというわけでは決してなく、納豆を甘めのたれで食べているという感じがしました。
いろんな材料が混ざっているので、若干普通のタレよりも深みがあるかな?という感じです。

タレをかけたときに感じた粘度も、混ぜてしまうと納豆自体が粘りがあるので普通のものと違いを感じませんでした。

タレと極小粒の納豆の組み合わせは、しっかりとタレが絡むので良いチョイスだと思いました。

まとめ

なかなか変わり種の納豆だったので期待値を上げすぎた感じはありましたが、普通においしい納豆でした。

焼き肉のたれを期待して食べるとちょっと違うかもしれませんが、甘めの深みのある味を楽しめるという面ではおいしい商品だと思います。
気になった方はスーパーなどで見かけたら買ってみてくださいね。

コメント