超簡単に直線だけで曲線を描く方法 【幾何学模様】

今回は何の役にも立たないけどちょっとおもしろい、曲線の描き方をご紹介します。

手書きする場合は紙とペンと定規があれば曲線が描けます。

まずは正方形のマスを用意します。

紙に書く場合は定規で数字のところに点を打ってあげれば大丈夫です。
方眼紙などがあるとそれを使うだけなので簡単です。

接する2辺の接点以外を線でつないでいきます。
つなぎ方は上の図のように1マスずつずらして線を引いていきます。

あとは数字が同じところをすべてつないでいったら完成です。
めっちゃ簡単です。

そしていかがでしょうか。結構曲線に見えませんか?

マスを無くすとこんな感じです。
オシャレな幾何学模様になってます。

線の数を増やしていくと曲線も滑らかになっていきます。
上の図は先ほどの倍直線を引いたものです。

こちらもマスを無くすとこんな感じです。
面が湾曲しているような感じにも見えますね。
解析の画面とかこんな感じな気がします。


なんで曲線に見えるのかはよくわかりませんが、おもしろいですよね。
みなさんもとってもお時間に余裕があるときに、試しに描いてみてください。

コメント