相手の話が聞き取れなかったときに使う英語

英語での会話中に聞き取れない言葉があった時、みなさんはどうしてますか?

日本人的にはそもそも英語を聞き取るだけでハードルが高いのに、さらにネイティブのペラペラ英語ともなると聞き取るのも一苦労です。

ですが仕事などでは内容がわからないままとりあえずニコニコしているよりも、ちゃんと聞き返した方がいいという場面も多いです。

そこで今回は相手の話が聞き取れなかったときに使える英語をご紹介します。

使い勝手最強の「Sorry?」

まずは普段使いとしては最強のフレーズ「Sorry?」です。
意味合いとしては「すみません、なんて言いましたか?」という意味になります。
疑問文なので語尾を上げるようにしてください。語尾を下げると単に「すみません」という意味になってしまいます。

ちなみに同じようなニュアンスとしては「Excuse me?」がありますが、個人的には「Sorry?」が使われることが多い気がします。

一単語でしっかりと伝わるのでおすすめです。
若干カジュアルな響きらしいのですが、私は仕事でも他社の人から言われたりするのでガチガチのフォーマルの場所でなければ使っても問題なさそうです。

フォーマルな表現の「I beg your pardon?」

めちゃくちゃフォーマルな言い方として「I beg your pardon?」があります。
「申し訳ございませんが、聞き取れなかったです。」くらいの丁寧さがあります。

基本的には単語を多く組み合わせた方がフォーマルというか丁寧な印象を与えるそうなので、ちょうどいい長さの「I beg your pardon?」は使いやすいのではないでしょうか。

「I beg your pardon?」だけで言い直してくれると思いますが、直接「もう一度言ってもらえませんか?」という意味で「Could you say that again?」という言葉も使われます。

「Pardon?」はあまり使われない?

学校では聞き返すときの言葉として「Pardon?」を教わると思います。
ですが、これは実はあまり使われていません。(私が聞かないだけかもしれませんが…)

先ほどご紹介したように「I beg your pardon?」と組み合わせては使いますが、単品だとあまり使わないみたいです。
またイギリス英語だと使うみたいなのを聞いたことがありますが、私はイギリスの方とは英語で話したことがないのでちょっとわからないです。

まとめ

はじめのうちは何度も聞きなおしたら信用が落ちるのではないか?と思うかもしれませんが、何の話か分からないままにしておく方が信用が落ちてしまいます。

わかるまで聞くことが大切だと思うので、今回ご紹介したフレーズを使って挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメント