卵かけご飯愛好家によるおすすめアレンジを5つご紹介!

みなさん卵かけご飯、お好きですか?
私は大好きです。

手軽、おいしい、エイドリアンの3拍子揃っていますもんね。

卵とご飯、あと醤油だけで十分おいしく食べれてしまう卵かけご飯ですが、ちょっとだけアレンジすることでよりおいしくできるんです。
今回はそんな卵かけご飯のアレンジについてご紹介していきます。

アレンジ紹介

それでは早速、卵かけご飯のおすすめアレンジをご紹介していきましょう。

今回ご紹介するアレンジはすべて調理が必要ないものにしています。
卵かけご飯の利点のひとつは手軽にすぐ食べれる点だと思うので、包丁や火を使う必要がないことを重視しています。

あと分量も適当です。味見氏なら柄調整してみてください。

猫まんま風 かつお節

まずは猫まんま風アレンジです。追加するのはかつお節オンリーです。

めっちゃ簡単ですが、めちゃくちゃおいしいです。
かつお節が醤油と卵を吸って、パーフェクトかつお節になります。

かつお節は小分けのパック1つ分くらいかけてしまっていいと思います。

北海道風 味噌バター

次は北海道の味噌バターラーメンをイメージしたアレンジです。
味噌とバターをのせたら完成です。

ホカホカのご飯の上にバターをのせるといい感じに溶けます。
そして発見だったのは、醤油じゃなくて味噌も生卵と合うという点でした。

味は味噌バターラーメンとはまた違いますが、バターでまろやかにしたところに味噌がトータルバランスを取るようにサポートしてくれるという感じです。
醤油のアタック感とは違って、味噌だと優しい感じで味付けしてくれます。

ちなみに味噌バターラーメンを目指して、最初はにんにくのすりおろしも足してみたのですが、完全ににんにくが勝ってしまって失敗でした…

韓国風 白ごまキムチ with ごま油

続いてはキムチをのせた上から白ごまを追加して韓国風を目指してみました。
ちょっとだけごま油をかけて、風味をプラスしています。

食べてみると牛丼チェーン店のキムチ牛丼のような味で、どこか親しみのある味わいでした。
キムチの酸味がさっぱりとした後味にしてくれます。辛いキムチだとまたちょっと違うのかもしれませんね。

ポイントはキムチを大量にのせることです。
醤油など調味料で味付けをするわけではないので、キムチが少ないとちょっと味気なくなっちゃいます。

ヨーロッパ風 チーズブラックペッパー

とろけるチーズとブラックペッパーでヨーロッパ風を目指しました。

バターをのせたときと一緒でチーズでまろやかになるのですが、チーズの塩気とブラックペッパーがしっかりと味をつけてくれるので、醤油など書けなくてもちゃんと味がします。

とろけるチーズは燻製味のものを使用すると、また深い味わいになっておすすめです。

和風 白だし

最後にご紹介するのは白だしを使った和風アレンジです。
使うのは白だしと醤油だけです。

最後にして最大の手抜き感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、これがめっちゃおいしいんです。

白だしの上品な香りが、卵かけご飯をあたかも高級料理のような感じにしてくれます。
また、卵本来の味を楽しむことができます。

ちなみに白だしでなく牡蠣醤油を使ってもおいしいです。その場合は牡蠣醤油オンリーで大丈夫です。

まとめ

卵かけご飯のおすすめアレンジを5つご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。

全部材料があれば後は乗せるだけでできるアレンジなので、ぜひ試してみてください。
普段の卵かけご飯とは一味違って、またおいしいと思いますよ。


ちなみに近外ご紹介したアレンジはほとんどが普段食べているものなのですが、今回のために追加でいろいろ試してみました。
そして結構失敗しました…笑
ラーメン二郎風とか挑戦してみたんですが、ちょっと厳しかったですね…

そういえば昔は外国の人からすると、卵を生で食べるなんて日本人ワイルドすぎだろって感じだったんだと思うのですが、最近では外国の方も生で食べることあるんですかね?

コメント