かつやのカツカレーはクオリティが高い!

みなさんはとんかつチェーン店のかつやでカツカレーを食べたことはありますか?
私はカツカレー大好きなんですが、かつやではかつ丼を食べるものという謎の刷り込みによって食べたことがなかったのです。

ただ今回店内のメニュー表のカツカレーの写真がめちゃくちゃおいしそうだったので注文してみたのですが、これがめちゃくちゃおいしかったです。

ちなみにメニュー表の写真はこちらです。めちゃくちゃおいしそうな写真じゃないですか?
(圧倒的反射で見にくくてすみません。。。)

ということで今回はかつやのカツカレーをぜひみなさんにも食べてみていただきたいので、詳しくご紹介をしていきたいと思います。

サイズと価格

かつやの他のメニューと一緒で、梅・竹・松の3つからサイズを選ぶことができます。
それぞれの量と価格は以下の通りです。

  • 梅:ロース80g  税別650円
  • 竹:ロース120g 税別790円
  • 松:ロース160g 税別990円

松は80gのロースが2枚入っています。

味・特徴

こちらがかつやのカツカレーです。
写真は真ん中のサイズの竹です。説明を読む感じだとサイズが変わるのはカツだけなんですかね?

カレーにおいて一番重要なのはルーだと思っているのですが、これがかなりおいしいです。
かつやをちょっと舐めてましたね。
ルーは深みのある味で、スパイスも程よく感じます。
辛さは一般的なカレーの中辛くらいの辛さかな?と思いました。
辛さが勝つカレーもありますが、かつやのカレーはちょうどいい辛さで、辛さの中にも複雑な味わいを感じることができました。

また量がご飯に対してたっぷりかかっているので、ご飯だけ余ってしまうということがないのもうれしいです。

とんかつに関してはさすがは本業という感じで、特に言うことなくおいしいです。
サクサクの状態で出してくれるので、ルーがかかったところは少ししんなり、かかっていないところはサクサクという触感の違いを楽しめます。

またキャベツの千切りがご飯の横に添えてあります。これはとんかつ屋さんのカレーという感じがしますね。
ただ私的には特にカレーとの食べ合わせが良いわけでもないので、なくてもいいかなーと思ってしまいました。
カレーとサラダが一緒に出てくるお店もあるので、それの代わりという感じなんですかね。

福神漬けの代わりに

カレーに合う漬物と言えば福神漬けが有名ですが、かつやでは福神漬けが置いてありません。
その代わりにかつやでは定番のあのお漬物があります。

それがこちらの大根の漬物です。(単体で写真撮り忘れたので、以前撮ったかつ丼の上の写真をどうぞ)
かつやに行ったことがある方はわかると思いますが、あの黒いツボに入ったやつですね。

実はこれがめちゃくちゃカレーと合います。
味が濃すぎないのでカレーの味を邪魔しませんが、適度な水分とコリコリとした触感が良いアクセントになります。

かつやでカレーを食べる際にはぜひ一緒に食べてみていただきたいです。

かつやのカレーの種類

かつやにはカツカレー以外にもカレーのメニューがあります。

  • メンチカツカレー 税別690円
  • 海老ヒレメンチカツカレー 税別790円

「メンチカツカレー」はその名の通りメンチカツが2枚乗ったカレーです。
メンチカツ好きの方にはうれしいメニューです。

「海老ヒレメンチカツカレー」はエビフライ2本、ヒレカツ1枚、メンチカツ1枚の豪華トッピングです。
ボリューム満点でいろんな味を楽しめるので満足感がすごいです。
また、かつやのヒレカツはかつ丼や定食でも人気なので、ミックスの中に入っているのもうれしいですね。

これらのメニューにもカツカレーと同じでキャベツの千切りがトッピングされています。

またかつやの定食ではご飯が付いてくるのですが、+90円でカレーをかけることができる「ちょいがけカレー変更」というメニューもあります。
先述のようにかつやのカレーはルーもとてもおいしいので、いつも定食を食べている方にもおすすめです。

まとめ

かつやのカレーはカレー専門店にも負けないおいしさだと私は思いました。
また量もしっかりあるので、価格に対する量の満足感もばっちりです。

カツカレーって注文してから時間がかかるお店も多いのですが、そこはとんかつ屋さんだけあってすぐに出てくるところもうれしかったです。

まだ食べたことないよという方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度食べてみてください。

コメント