濃厚な鳥白湯がクセになる!「鶏の穴」【ラーメン】

今回はラーメン激戦区池袋でとことん鶏にこだわっていると人気な「鶏の穴」をご紹介します。

お店はJR池袋駅東口から出て約500mの場所にあり、徒歩5分くらいでつきます。
方向的にはヤマダ電機やTOHOシネマズがある方です。

食べログの評価がすこぶる良く、2021年3月時点で星は3.65でした。
私食べログ大好きっ子なので、これは食べてみないとと思って訪問しました。

土曜の12時過ぎに行ったら、雨が降っているにもかかわらず何人か並んでいました。
さすが人気店ですね。

入口に食券機があり、ここで食券を買ってからお店の中に入ります。

らーめんの種類は大きく分けて3種類で、白湯らーめん、赤鶏らーめん、つけめんがあります。
ちなみにつけめんも白湯系みたいです。

今回は「白湯らーめん 玉子のせ」を注文しました。

お店の中はカウンターのみで16席あります。
それぞれ席の後ろには上着がかけられるようにハンガーがあり、席の下にかばんなどを置ける段はありませんでした。足元には余裕があるので荷物は床に置く感じですね。

出てきたのがこちら。

スープはとろみのある白湯スープです。
一口飲むとびっくりするくらい鶏の味が凝縮されているのを感じます。
味がごちゃごちゃとしておらず、おそらく鶏の味をとことんまで引き出して作ったんだろうなと思えるスープなので、こってり系の鶏の味が好きな方にはたまらないのではないでしょうか。

麺は中太ストレートで、結構しっかりと噛み応えがあります。
スープにとろみがあるので、麺にしっかり絡んできておいしいです。

トッピングはどれも特に直腸があるわけではありませんが普通においしいです。
鶏そぼろが混ざるとちょっと味が変わるので、飽きずに食べ進められます。
チャーシューも柔らかくて、食べる前にかなり崩れていました。ほろほろチャーシュー好きはうれしいですね。

ちなみに細かいところですが、他のラーメン屋さんとは違ってレンゲがどんぶりの右側に入っています。
通常だと右利きの方は左手でレンゲを取るために左側に添えてあることが多いです。
今回偶然かなと思ったのですが、ネットで上がっている写真を見ても右側にレンゲが刺さっていたので、なにかこだわりがあるのでしょう。
私は左利きなのでむしろありがたいです。

今回は「玉子のせ」を注文したので玉子あるのですが、お店のマークが焼き印されていてかわいいです。
中はちょっと硬めの半熟玉子でおいしかったです。


池袋で10年以上続いている実力店の味は納得のおいしさでした。
こってり系の鶏ラーメンが食べたい方には特におすすめのお店です。
気になった方はぜひ食べに行ってみてくださいね。

コメント