出町柳のチャーシューとネギをたっぷり食べれるお店「中華そば たく味」【ラーメン】

今回は京都の出町柳にあるラーメン屋さん「中華そば たく味」をご紹介します。

出町柳駅から西に徒歩で約5分のところにあります。
京都大学からもすぐ来れる場所なので、平日は学生さんもたくさん来るみたいです。

お店の外観はこんな感じで、全体的に黄色い壁とお店の看板が目印です。
ガラスが若干黒っぽいこともあって、昼間だと外から見て営業しているのか若干わかりにくかったです。
おそらく出入口の近くのメニューの看板が出ていればやっているということなのでしょう。

ちなみにガラスにも書いてあったのですが、営業時間はなんと11:00~26:00です。
これは飲んだ後とかにもふらっと来る人も多いのかもしれません。

お店の中はカウンター席のみで、9席くらいありました。
お店に入ると店主の方がお水を出してくれました。
メニューは壁に板でかかっており、最後にお会計をするタイプでした。

調べたところチャーシューメンが人気らしいので、「たく味チャーシューメン」を注文。

ちなみにチャーシューメンはとんこつラーメンの「たく味チャーシューメン」と、醤油ラーメンの「中華そばチャーシューメン」の2種類があります。

たく味チャーシューメンがこちらです。
事前に調べていたので知ってはいたものの、圧倒的な迫力です。
薄くスライスされたしっかりとした硬さのチャーシューと大量のネギに埋め尽くされていて、スープや麺はほとんど見えません。

チャーシューは薄くスライスされていますが噛み応えがあり、しっかりとお肉を感じるタイプです。
提供されたときにはチャーシューは常温なため、しっかりとスープにつけながら食べるのがおすすめです。

ネギに関しては言わずもがなネギです。
見た通りかなりの量があるのでネギ好きな方にはたまらないのではないでしょうか。

しばらくチャーシューとネギを食べていたらやっと麺を発掘できました。
麺はとんこつラーメンによくある細麺タイプです。
ゆで具合は結構柔らかめかな?と思いました。これは硬めの博多とんこつを食べ過ぎているからそう感じたのかもしれません。

そしてスープですが、これがかなり私の好みでした。
トロっとした粘度のあるスープで、しっかりととんこつの風味を感じつつ臭みのないちょうどいい塩梅です。
甘味も感じるこの感じは、とってもおいしいとんこつスープだと思いました。
このスープが麺やチャーシューと絡んでどんどん食べ進めてしまいます。

また見た目通りのボリュームで、かなり満腹になります。
いつも大盛を食べている私ですが、これに関しては普通盛りにしておいてちょうどよかったです。
これは食べ盛りの学生さんもうれしいポイントですね。

また店主の方の愛想が良く、最後にお会計をした時に満面の笑みで「まいど!おおきに!」と言ってくれました。
やっぱりこういう接客面がいいと気持ちいいですね。


全体的にボリューミーで満足感のあるおいしいラーメンでした。
お肉をしっかり食べたいときなどにおすすめです。

コメント