心の持ちようで結果は大きく変わる! キャロル・S・ドゥエック 「マインドセット「やればできる! 」の研究 」 【本・感想】

みなさん休日はどうお過ごしですか?私は飯食って本読んで寝てます。太るかなと思ったのですが、筋肉が落ちてどんどん軽くなってます。いよいよやばいと思いつつ、運動は全然していないという…関東はゴルフ場も高いし、なんかいい運動ないですかね?ちなみにクッキー食べながらこの記事書いてます。

ちょっと前に尊敬している上司と飲み会で心理学の話になって、ちょっと勉強したいと思いこの「マインドセット」を読みました。「やればできる!」っていい言葉ですよね。今回はこちらを紹介していきます。

こんな人におすすめ

・自分の能力をどんどん伸ばしたい人
・心理学の勉強をしている人、始めたい人
・ネガティブ思考を直したい人

マインドセットとは

マインドセット(mindset)という言葉は聞いたことがありますでしょうか。
マインドセットとは心の在り方のことで、これが人生のありとあらゆるところに影響を及ぼしているそうです。

この本では自分の能力は固定的で変わらないという考えを「硬直マインドセット(fixed mindset)」、努力次第でいくらでも伸ばすことができるという考えを「しなやかマインドセット(growth mindset)」として、この2つを比較する形でマインドセットについて説明されています。内容的にはしなやかマインドセットがいいという話がめちゃくちゃ紹介されてます。

ちなみに似ていますがマインドフルネスとは全然意味合いが違います。

構成・内容

構成としては

・マインドセットとは何か、硬直としなやかの違い
・マインドセットの違いによる結果の違い
・しなやかマインドセットで成功した具体例(ページの半分ちょっとこれ)
・マインドセットをしなやかにするには

という感じです。

特にしなやかマインドセットと硬直マインドセットの違いについて何度も出てきます。
例えば自分を賢いと感じるときはどんなときかを比べると、硬直マインドセットの人は「何かを完璧に素早くこなしたとき」や「人にはできないことを自分ができたとき」と回答する一方、しなやかマインドセットの人は「すごく難しくても頑張って、依然できなかったことができたとき」や「ずっと考えていた問題の解き方がようやくわかり始めたとき」と回答するそうです。
硬直マインドセットの人は一度失敗したり、できないことがあるときに「自分はダメな奴だ」と落ち込んだり、ひどい場合には大きく挫折してしまいます。一方しなやかマインドセットの人はそこまでのプロセスを重視しているため、できないことがあっても次はこうしようと前向きにとらえます。結果として同じことでもとらえ方とその後の行動が大きく異なるのです。

これだけ読んでもしなやかマインドセットの方が良い気がしますよね。

まとめ

能力は伸ばせる、何をもって成功とするかなど考え方によってその後の結果が大きく異なってくるのはとても興味深かったです。実際にマインドセットをしなやかにするトレーニングをしていきたいと思いました。

一方で正直しなやかマインドセットは素晴らしく硬直マインドセットとダメという話が多すぎでちょっとくどいかなと思いました。
350ページくらいあるのですが一度通しで読んでその後読み返す場合は、マインドセットについて理解したら、マインドセットをしなやかにするための方法を学んでいければよいと思います。

みなさんもこの本を読んで自分のマインドセットについて一度見直してみてはいかがでしょうか。

コメント